2014年8月19日火曜日

ロビン・ウィリアムズ自殺

2014年8月12日

米俳優のロビン・ウィリアムズ氏が死去 自殺か


サイト

 米俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズ氏が11日、米国カリフォルニア州の自宅で死亡しているのが発見された。63歳だった。マリン軍の警察当局によれば、11日の午前11時55分に緊急電話があり、駆け付けたところ死亡が発見された。自殺と見られるという。

 ウィリアムズ氏の広報担当も死去を認め「彼はここしばらくうつ病と患っていた」と明かした。また、妻のスーザン・シュナイダーさんは「私は夫、そして親友を失った。胸が張り裂ける思い」だと声明を発表した。現時点で死因は「窒息」とされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公式サイト 英語


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア

ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日[1])は、アメリカ合衆国の俳優、コメディアン。イリノイ州シカゴ出身。

私生活
1970年代から1980年代初めにかけてアルコール依存症を患い、2006年にリハビリセンターに入院したことで公表した[4]。2009年には心臓を患い、手術した。


 チャリティー活動にも力を入れており、慈善団体を支援するための財団(the Windfall Foundation)を当時の妻と立ち上げ、募金等さまざまな活動を行っている。2010年のカンタベリー地震の折には、クライストチャーチでパフォーマンスをすると共に、その収益を全額寄付した(半分は復興のため市へ、もう半分は赤十字社へ)。また、イラクとアフガニスタンに駐留するアメリカ兵のために、軍の機関USOを介して現地に出向き、パフォーマンスをした。

 2度の結婚で3人の子供がいる(2008年に離婚し、2011年に3人目の妻スーザンと再婚している)。2人目の妻マーサとの間に生まれた娘の名前は、彼の大好きな日本製のテレビゲームソフト『ゼルダの伝説』にちなんで「ゼルダ」と命名している。2011年にはニンテンドー3DS用ソフト『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』のCMで親子での共演も果たした。

2014年8月11日、カリフォルニア州の自宅にて死去。63歳没。自殺と見られている。関係者によると、ここ数か月鬱状態にあり、最近、アルコール依存症専門のリハビリセンターに入院したこともあったという。

映画


1980年 ポパイ

1982年 カープの世界

1983年 ロビン・ウィリアムズの大混戦栽培バル特訓

1984年 ハドソン河のモスコー

1986年 明日へのタッチダウン

1986年 クラブ・パラダイス

1986年 ミッドナイト・ニューヨーカー

1987年 グッドモーニング、ベトナム

1988年 バロン

1989年 いまを生きる

1990年 キャデラック・マン

1990年 レナードの朝

1991年 愛と死の間で

1991年 殺人ピエロ狂騒曲

1991年 フィッシャー・キング

1991年 フック

1992年 アラジン 声の出演

1992年 トイズ 

1993年 ミセス・ダウト

1995年 9か月

1995年 ジュマンジ

1996年 バードケージ

1996年 ジャック

1996年 シークレット・エージェント

1996年 ハムレット

1997年 ファザーズ・デイ

1997年 地球は女で回ってる

1997年 フラバー

1997年 グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち

1998年 パッチ・アダムストゥルー・ストーリー

1998年 奇跡の輝き

1999年 聖なる嘘つき その名はジェイコブ

1999年 アンドリューNDR114

2001年 A.I. 声の出演

2002年 ストーカー

2002年 デス・トゥ・スムーチー

2002年 インソムニア

2004年 ファイナル・カット

2004年 最高のともだち

2004年 NOEL ノエル

2005年 ロボッツ

2005年 ビッグホワイト

2006年 RV

2006年 ロビン・ウィリアムズのもしも私が大統領だったら…

2006年 ハッピー フィート

2007年 ナイト ミュージアム

2007年 ライセンス・トゥ・ウェディング

2007年 奇跡のシンフォニー

2009年 精神科医ヘンリー・カーターの憂欝 

2009年 ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密

2009年 ナイト ミュージアム2

2009年 オールド・ドッグ

2011年 ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊

2013年 グリフィン家のウエディングノート

2013年 大統領の執事の涙